ラブホテル研究家 鬼束ちなつ

【イベント開催御礼】トークイベント「ラブホテル遺産委員会」を開催しました。

去る4月26日、映画監督村上賢司さんとのトークイベント「ラブホテル遺産委員会」を開催いたしました。
当日は会場が満員になるほどの多くのお客様にお越し頂き、大盛況のうちに終えることができました。

村上さんとのトークショーはこれで3回目になりますが、いつも話足りなくて予定時間をオーバーしてしまいます。(帰りがお急ぎだった方申し訳ありませんでした。)
ただそのくらい、この10年研究してきたラブホテルという建築は情報量が多く、多様性と変化に富み、そしてとても愛らしいものなのだといつも感じています。その一言では表しきれないラブホテルの面白さを、今後も伝えていきたいと思っています。
今回はいつもご来場頂いてる愛好家の皆様も、twitter等をきっかけに初めてご来場頂いた方も沢山いらっしゃったので、2時間という限られた時間の中でどんな切り口で話をするか迷いましたが、皆様にとって楽しい時間となっていましたら幸いです。

また今回は、ラブホテルの従業員様、設計者様、情報サイトの運営者様など多くのご関係者の方にもご来場頂き、様々な情報交換をさせて頂きました。普段はフィールドワークを中心とした研究活動をしており、そういった所謂「中の人」とお話する機会があまり無いので、非常に嬉しく思っております。
こうやって、ラブホテルの面白さを様々な方と直接分かち合えるというのもイベントの醍醐味ですね。

今後もまたどこかでトークイベントをやりたいと思っているので、また皆様とお会いできる日をお待ちしております。
改めまして、ご来場頂いた全ての皆様、そしてこの場をご提供頂いた温室様、本当にありがとうございました。


【本日の一枚】
今回のイベントでもご紹介した「ゴリラ」のいるラブホテルです。
ここでいやらしい気持ちになれるか、このゴリラのいる一角で果たして性行為は行えるか、とラブホテル側から我々利用者に挑戦状を突きつけられているような、そんなお部屋です。
このゴリラのいる一角の使い方が分かった方、次のイベントでお会いした際に是非教えて下さい。